ひとりごはん+

自分自身の食生活記録日記。
主に「超」手抜きレシピや市販品のレビューなど。あと、出不精だけどたまに外食も。
結婚して子供(1・2人目(一卵性双子)+3人目+4人目)が生まれたけれど、食卓はやっぱりひとりごはんクオリティ。

古い記事へのコメント・トラックバック歓迎です(但し、留守中を狙った変なスパムを防ぐため、コメント・トラックバックは承認制です)

育児記録日記はこちら→ふたりだっこ+

気になるグルメを試すチャンス!
気になるグルメを試すチャンス! 赤ちゃんの名付けの際にチェックする事 あがり症を乗り切る方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋の残り汁リゾット

作り方
1.土鍋で作った鍋物の残り汁に無洗米を汁の1/4~1/3くらい入れる。
2.ちょいかき混ぜてから火にかける。沸騰するまで中火。
3.その後弱火で沸騰を維持しつつ、米が焦げないように時々攪拌しながら煮る(10分位)。この間、蓋はしなくてもいい。
4.米がアルデンテになったら食べる。

今日のごはんは苦し紛れのリゾット(のようなもの)。

本当は、土鍋でおじやでもしようと思ってた。
が、冷凍庫に炊いたごはんのストックが無かった・・・。
今から炊飯器で米を炊くのはめんどくさい。。。
でもおじや食べたい・・・。

「えーい、めんどくせぇ!そのまま炊いてしまえ」

と無洗米を入れた。
蓋をして、沸騰するまで中火で、その後弱火に。
しかし、すごい勢いで吹きこぼれた。
ごく弱火にしても吹きこぼれた。土鍋の中の内容量が多すぎたのだろうか。
もうあきらめて、蓋を開けて中を覗く。
米を炊くときには蓋を開けちゃいけないと教わったが、こうなったら無視。
生米のおこげなんて食べたくもないので、焦げないように時々まぜてみた。

鍋で炊くときは、確か所要時間は10分くらいだったよね。
というわけで、10分経ってからおそるおそる味見。

・・・あ、市販のレトルトのリゾットの米の歯ごたえに似てる。

アルデンテイスト製法云々~と謳っている、「予約でいっぱいの店の~」シリーズの米の味。

鍋の残り汁なので、ダシが効いてて意外とうまい。
お米はまさにアルデンテだ。
おじやでもお粥でもご飯でもピラフでもない
これはリゾットと呼ぶのが一番近いんだろうな、と思った。

というわけで、米を炊くのは失敗したものの、間一髪のところで食材(米)を無駄にせずに済んだのだった・・・。

ちなみに、本当のリゾットの作り方(基本)を調べてみた。

1.鍋にオリーブオイルを入れてたまねぎを炒め、次に米を洗わずに入れて炒める。
※好みで白ワインを加える。
2.スープをひたひたにつかる程度入れ、隙間を少しあけて蓋をし、弱火で焦げないように時々かき混ぜながら煮る。
3.水分がなくなったら、ひたひたになる程度に残りのスープ(もしくは水)を足す。この行為を2~3回繰り返して米が好みの硬さになったら火を止める。

スープを変えるだけでいろいろとうまいものができるらしいです。
いつかトライしてみようかなぁ?
スポンサーサイト

コメント

こういう,やる気無いのは好きだなぁ.

リゾットはあんまり好きじゃないので
関係無いけど
1.たまねぎとかベーコンとかを,バターで適当に炒める.
2.塩と胡椒で味付けしてみる.
3.気が向いたらシメジとか,好きなもん入れる.
4.そこに米を入れて,何となく透明っぽくなるまで適当に炒める.
全部混ざったらそれを炊飯ジャーに入れ
コンソメを2粒くらい入れて普通に炊く.

これでピラフの完成.
割と美味い.

あとでジャーを洗うのが唯一めんどくさいが
一緒に食ってくれた友達に洗わせるのが理想.

  • 2006/01/31(火) 20:32:32 |
  • URL |
  • えんちょ #-
  • [ 編集 ]

ついでといえばついでなのだが
おなかが空いてきたので
おいらが1人暮らしをしていたときに
適当に作っていたモノを幾つか.

【中華風冷奴もどき】
醤油をかけた冷奴に「ごま油」を少しふりかけるだけで
中華風冷奴のように見える.

好みで刻んだザーサイとかピータンとか乗せてもいいが
そんなのは君の家には無かろう.

俺は結構好き.

【中華風卵スープ】
用意するもの
ねぎ:1本もあれば十分
卵:1個
鶏がらスープ:適当(youkiって会社のが一番美味い 買っておくとチャーハンとか色々使えて便利)
水:適当
片栗粉:適当
あればコーンとか:適当(冷凍なら便利)

1.ねぎを切って鍋に入れる
2.その鍋に水を入れる
3.沸かす
4.ネギにある程度火が通ったらコーンとか入れる
5.塩と胡椒で軽く味付け
6.鶏がらスープでしっかり味付け
7.火を止めて,水で溶いた片栗粉を少し入れる(全体が何となくまろやかになってくる程度の量)
8.溶いた卵をその中に少しずつ流し込む
卵が固まったら火をつけて
鍋の周りからごま油を少々たらして沸騰したら完成.

これは簡単だが結構美味い.
鶏がらスープを惜しみなく入れるのがポイント.


そのうち時間が出来たらマーボー豆腐とかカルボナーラとか教えるね

  • 2006/01/31(火) 20:46:15 |
  • URL |
  • えんちょ #-
  • [ 編集 ]

おおー。すばらしいです。
中華風卵スープとかよさげですね。私にもできそう

>好みで刻んだザーサイとかピータンとか乗せてもいいが
>そんなのは君の家には無かろう.

よくお分かりで・・・(^^;

  • 2006/01/31(火) 23:30:41 |
  • URL |
  • ごま #KPJkoGPs
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitorigohan.blog29.fc2.com/tb.php/120-b7a063be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。