ひとりごはん+

自分自身の食生活記録日記。
主に「超」手抜きレシピや市販品のレビューなど。あと、出不精だけどたまに外食も。
結婚して子供(1・2人目(一卵性双子)+3人目+4人目)が生まれたけれど、食卓はやっぱりひとりごはんクオリティ。

古い記事へのコメント・トラックバック歓迎です(但し、留守中を狙った変なスパムを防ぐため、コメント・トラックバックは承認制です)

育児記録日記はこちら→ふたりだっこ+

気になるグルメを試すチャンス!
気になるグルメを試すチャンス! 赤ちゃんの名付けの際にチェックする事 あがり症を乗り切る方法

母乳育児応援ハーブティー 授乳中のママブレンド (ユーン)



実は、子供を産む前は
「お乳は産んだら自動的に誰でもたくさん出るもん」
・・・だと思っていたが、実際は違うようだった。

私の場合、産んでも5日位まで全然出なかったし。
胸は岩のように固かったにも関わらず。

しかも、それだけならまだしも
私のおっぱいは、子供が飲みにくい形状をしていた・・・。
そして、授乳するとおっぱいに激痛が走る。
また、首の据わらない赤子を抱えての授乳は肩も背中も痛くなり、産後の体にダメージ。

母乳育児って大変なんだねぇ。。。 と思った。

授乳とは、母子の幸せの光景・・・

・・・などという生易しいものではなく
実際は母子の生きるか死ぬかを賭けたサバイバルだったのだと気づかされる。
(ホント、これ大げさとかではなく。今の時代だからまだいいけど、昔は粉ミルク無かったんだろうからね。)

しかし、うまくいかないからと嘆くわけにはいかない。

双子の次女は低出生体重児ということで、3週間ほど入院していたので
長女を相手に母乳分泌UPの努力(頻回授乳・頻回搾乳・家事を手抜きして睡眠・基底部マッサージ)をした。

そんなこんなで産後3週間後には
努力が功を奏して、最初はミルク寄りの混合だったのが
1人分は母乳だけで賄えるくらいになってきたのだった。

しかし、次女が退院してからというもの、双子の世話に追われて
あれよあれよという間に、ほぼミルク寄りの混合に逆戻り。

二人を相手に頻繁に授乳するのってすごく難しい・・・
同時授乳もやってみたけど、赤ちゃんふにゃふにゃでセッティングが難しく、毎回できるもんじゃないし。

そういうわけで、今回買ってみたのがこのハーブティー。
フェンネルって母乳分泌UPに効果があるらしいっす。

本当は、双子でも完母を目指したいけど
それが無理だったとしても・・・母乳が少しでも出るうちは、混合で頑張りたいな~。

話は変わるけど

よく「双子は年子よりラクよー」とかさんざん言われるんだけど
(何故、双子を妊娠した事も無い人にそんな事言われまくるんだろう)
大体、年子は両親が好きで子作りして産んでるんだし
そもそも妊娠出産の危険性考えたら一人ずつ産んだほうがいいし
(多胎妊娠は流産・早産の危険性が高く、母体の負担もかなりのもので、帝王切開率も高い)
子供が生まれても、低体重児だったりして心配は尽きないし
(定員一人の子宮に二人も入ってるんだからそりゃね~)
年子だったら最初の一年は一人だけを相手にゆったり育児できるじゃん・・・

・・・なーんて思っちゃうのは、今が大変だからなのかな。
隣の芝は青く見えるってやつかね。
二人の新生児を相手にするのって疲れる。ほんと。
夜中に二人でギャン泣きとかしょっちゅうだし。

子供達はめちゃ可愛いからいいんだけどさ~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitorigohan.blog29.fc2.com/tb.php/689-2e399d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad